TOEICのリーディングパートは時間配分が難しく、多くの受験者が最後まで解き終わることができないと言われています。


TOEICのリーディングパートでスコアアップを実現させるには、Part5 の文法問題をできる限り効率良く正確に解いて、Part6やPart7の時間を多く確保しなければなりません。


そして、TOEIC Part5 の文法問題の中でも最も多く出題されるのが「品詞問題」です。


その中でも、形容詞・副詞問題に次いで数多く出題されるのが、名詞問題


毎回必ず出題されるので、名詞の見分け方や解き方のコツをしっかりと理解していないと、どれだけ最速で問題を解いても点数を稼ぐことはできません。


品詞問題の中の名詞問題は、コツさえ掴めば文全体の意味がわからなくても正解にたどりつける問題が多いので、今からお伝えする9つの攻略法をマスターして、時間短縮を図りましょう!


\ この記事はこんな方向け /

  • TOEIC 品詞問題の特徴や頻出問題、攻略法を知りたい
  • 名詞問題の特徴や解き方を知り、瞬時で見分けられるようになりたい
  • TOEIC part5の文法問題を最速で正確に解き、点数を稼げるようになりたい
  • 主に、TOEIC500~600点を目標としている英語学習初心者向け

品詞問題の特徴

TOEICの「品詞問題」は、Part5の中でも最も多く出題される問題です。


「品詞問題」とは、選択肢に語尾だけが異なる単語、つまり単語の前半が同じスペルの単語が並んでいる問題です。


空欄の前後を見て、品詞(副詞・形容詞・名詞など)を判断できれば、たとえ文の意味がわからなくても解ける問題が多いので時間短縮を図ることが可能です。

品詞問題は、例えば以下のような問題のことを言います。


A lot of big companies showed an (_______) in the innovative method of recruitment developed by a venture company.
(A) interesting
(B) interestingly
(C) interested
(D) interest


(A) interesting = 形容詞 (B) interestingly = 副詞 (C) interested = 形容詞 (D) interest = 名詞 と選択肢が並んでいますが、この例文の場合、空欄の前に「冠詞」のan、空欄の後に「前置詞」in があります。

また、動詞のshowは、他動詞なので、直後に目的語となる名詞(または名詞のかたまり)が必要となります。

ですので、正解は 他動詞showの目的語(名詞)である (D) interest となります。
(※ 他動詞については後ほど詳しく解説しています!)


このように、<冠詞+(空欄)+前置詞>のパターンには名詞が入るということや、他動詞の直後には目的語となる名詞を置くことを理解していれば、たとえ文全体の意味や和訳がわからなくても瞬時に解くことができ、時間短縮が図れます。


(和訳) あるベンチャー企業が開発した革新的な採用方法に、数多くの大企業が興味を示した。

TOEIC Part5で頻出!「名詞」の役割や働きとは?

TOEICの品詞問題の中で、形容詞・副詞に次いでよく出るのが「名詞」が正解となる問題です!


名詞は、人の名前や物などを表し、文の主語(S)、補語(C)、動詞や前置詞の目的語(O)になります。


主語(S)と目的語(O)は、必ず名詞(のかたまり)でできています。


つまり、名詞がなければどの文型も成り立たないほど、名詞は非常に重要な品詞なのです!


1. 名詞が「主語(S)」の役割となる英文


(例) Tom got an easy job.

トムは簡単な仕事に就いた


(例) The test was very difficult.

そのテストは非常に難しかった


2. 名詞が「補語(C)」の役割となる英文


(例) He is a new employee.

彼は新しい従業員だ

(例) Tom became a good mechanic.

トムは良い整備士になった


3. 名詞が動詞の「目的語(O)」の役割となる英文


(例) They attended the meeting yesterday.

彼らは昨日会議に出席した


4. 名詞が前置詞の「目的語(O)」の役割となる英文



(例) They place the most importance on the accuracy of the information.

(* accuracy = 前置詞onの目的語 / * information= 前置詞ofの目的語)


彼らは情報の正確さに最も重きを置いている

 

このように名詞は、文の主語や補語、動詞・前置詞の目的語などになって様々な役割を果たしています。


では、正解が名詞となる文のパターンはどういったものがあるのでしょうか?


TOEIC でよく出題される品詞問題の「名詞」の攻略法をこれから詳しく見ていきましょう!


攻略法①:所有格または冠詞 と 前置詞の間には名詞!



所有格とは、my(私の)、your(あなた・あなた達の)、our(私たちの)、their(彼らの)、its(それの)…. などのことを意味し、後に続く名詞を修飾します。

冠詞とは、a / an / the などのことを指します。

前置詞とは、in / on / of / at / to / for / from / about / with …などのことを指し、文の構成要素を補足する「飾り」の部分となります。



🌟 英文が「所有格または冠詞+(_______)+前置詞」のパターンの場合、空欄には名詞が入ります。

冠詞名詞前置詞のパターン>

(例) A lot of big companies showed an ( interest ) in the innovative method of recruitment developed by a venture company.

(和訳) あるベンチャー企業が開発した革新的な採用方法に、数多くの大企業が興味を示した。


所有格名詞前置詞のパターン>

(例) The hotel always tries to make its customers feel comfortable and exceed their ( expectations ) for good service.

(和訳) そのホテルはお客様を快適にし、良いサービスに対する彼らの期待を上回るように常に務めている。

攻略法②:他動詞の後には名詞(目的語)!


自動詞とは、第1文型(S+V)の形を取り、後ろに目的語(名詞)が来なくても文が完結する動詞のことを言います。

反対に、他動詞とは、後ろに目的語(O)が来ないと文が成立しない動詞のことをいいます。

他動詞の文は、第3文型(S+V+O)の文になるので、動詞の後には目的語である「名詞」が続きます。

ここでは自動詞・他動詞両方の意味を持つ increase (<~が>増える・~を増やす)という動詞を使って解説します。

 


自動詞の文
(例) The number of students has been increasing steadily. <S+V>

生徒の数は着実に増えてきている。【自動詞の後には副詞! 目的語(名詞)は来ない


他動詞の文
(例) They will increase the number of students next year. <S+V+O>

彼らは来年度、生徒数を増やすつもりだ。【他動詞の後には目的語である「名詞」!

 

このように、他動詞の後には必ず目的語である名詞が来ることを覚えておきましょう。


攻略法③:自動詞と間違えやすい他動詞とは?


他動詞は、後ろに目的語である「名詞」を置くのが鉄則ですが、中には自動詞と間違えてついつい動詞の後ろに不要な前置詞を置きたくなってしまう他動詞があります。

「~について」などの日本語訳に惑わされて、動詞の直後に about などを付けたくなりそうですが、前置詞は不要です!

以下がTOEICや大学入試で頻出の自動詞と間違えやすい「他動詞」です。不要な前置詞を置かないように気を付けましょう。

 

単語 例文 日本語訳
 attend  attend the meeting  会議に出席する
 enter  enter the conference room  会議室へ入る
 discuss  discuss the problem  その問題について話し合う、議論する
 mention  mention these details  この詳細について述べる、言及する
 oppose  oppose a proposal  提案に反対する
 reach  reach Tokyo  東京に到着する
 resemble  resemble my mother  私の母に似ている
 approach  approach the town  その町に近づく
 visit  visit our website  私たちのウェブサイトに訪れる
 marry  marry her  彼女と結婚する
 obey  obey a doctor’s instruction  医師の指示に従う

 

攻略法④:選択肢に異なる意味の名詞が複数残ったら、意味の通る方を選べ!



(例) An (_______) about a new marketing plan was released by General Motors at the press conference.
(A) announcer
(B) announce
(C) announcement
(D) announces


上記の問題では、文全体を読まなくても赤い文字だけを見れば、品詞を判別できます。

冠詞(an)+(空欄)+前置詞(about)というパターンの場合、「名詞」が空欄に入ると攻略①で説明しました。

しかし、上記の問題では、(A) announcer【名詞】、(B) announce【動詞】、(C) announcement【名詞】、(D) announces【動詞(3単現の形)】といったように、選択肢に名詞が2つあります。


こういった場合は、どちらも空欄に入れてみて意味の通るほうを選びましょう。


● (A) announcer を空欄に入れると….

(和訳) 新しいマーケティングプランに関する「アナウンサー」が発表された

● (C) announcement を空欄に入れると….

(和訳) 新しいマーケティングプランに関する「お知らせ」が発表された


どちらの意味が通るかを考えると、(C) の「お知らせ」のほうが意味が通るので、正解は、(C) announcement です。


このように、選択肢に名詞が2つ以上候補に残ったら、どちらも空欄に入れてみて意味を考えましょう


(和訳) 新しいマーケットプランに関するお知らせがジェネラル・モーターズによって記者会見で発表された。

攻略法⑤:名詞と動名詞の判別


攻略②で、他動詞の直後には目的語である「名詞」が入ると言いましたが、例外として、他動詞の後に動名詞が続くパターンがあります。


それが、<他動詞+(_______)+目的語(名詞)>のパターンです!!


この英文パターンの場合、空欄には動名詞が入ります。


consider (~を検討する) という動詞を使って、<他動詞+目的語(名詞)>の文と<他動詞+動名詞+目的語(名詞)>の文を比較してみましょう。


1. <他動詞目的語(名詞)>のパターン


(例) They will consider a new proposal.

彼らは新たな提案について考慮するだろう。


2. <他動詞動名詞目的語(名詞)>のパターン


(例) I believe we should consider (introducing) a new rule from April.

私は4月から新しいルールの導入を検討するべきだと思う。


この例題のように、空欄の直後に目的語となる「名詞」が来ている場合は、空欄には「動名詞」を置くことを頭に入れておいて下さい。

 

攻略法⑥:品詞問題の例外! 名詞+名詞(複合名詞)のパターン



There are a lot of vehicles on the (________) site.

(A) construct
(B) constructive
(C) constructively
(D) construction


上記の問題では、空欄には 「名詞」であるsite(場所・用地)を修飾する語が入ります。


【TOEIC Part5 品詞問題】形容詞と副詞を瞬時で見分ける12の攻略法の記事で、名詞の前には形容詞を置くと説明しましたが、仮に「形容詞」である(B) constructive(建設的な) を選ぶと、「建設的な用地」となって意味が通りません。


一方で、「名詞」である(D) construction(建設) を選ぶと場所・用地の中身や内容を表すので(D) construction(建設) が正解となります。



site(場所・用地)の内容がconstruction (建設)に関するものだということから、形容詞の constructive ではなく construction site建設現場」となるわけです。


(和訳) 建設現場には、たくさんの車両があります。


TOEICには、上記のように「複合名詞」と呼ばれる名詞+名詞のパターンがよく出題されるので注意が必要です!

攻略法⑦:TOEICでよく出る複合名詞を覚えよう!


TOEICで出題される複合名詞は数多くありますが、その中でも代表的な複合名詞をいくつかピックアップしました。

 

複合名詞の例  和訳
  construction site   建設現場
  acceptance letter   合格通知、採用通知
  research facility   研究施設
  safety regulations   安全規則
  assembly line   組み立てライン
  insurance coverage   (保険による) 保証範囲
  securities company   証券会社
  dedication ceremony   落成式
  performance appraisal   業績評価
  construction contract   建設契約
  retirement party   退職パーティー
  identification card   IDカード
  application form   申込用紙

 

 

攻略法⑧:名詞の代表的な接尾辞(語尾)


名詞の語尾の形も形容詞と同様に何パターンもあるので、一見覚えるのが大変に思いますが、慣れてくれば問題ありません。
名詞の例とともに覚えていきましょう!

語尾 名詞の例
  -cy   accuracy (正確さ)
  -tion   suggestion (示唆)
  -sion   expansion (拡大)
  -ty   safety (安全)
  -ity   ability (能力)
  -ry   robbery (強盗)
  -th   width (幅)
  -ance   acceptance (受諾・受け入れること)
  -ence   preference (嗜好)
  -ness   promptness (迅速さ)
  -ment   employment (雇用)
  -ship   relationship (関係)
  -al   refusal (拒否)  / * 形容詞にも「-al」の語尾があるので注意!
  -age   storage (貯蔵)
  -ism   capitalism (資本主義)
  -dom   freedom (自由)
  -hood   childhood (幼少時代)
  nomy   economy (経済・節約)
 -tive   objective (目標)  / *形容詞にも「-ive」の語尾があるので注意!

 

攻略法⑨:TOEICで頻出の「人」を表す名詞の接尾辞(語尾)


TOEICで頻出する「人」を表す名詞もご紹介します。語尾を押さえておきましょう!


語尾 名詞の例
  -or   editor (編集者)
  -er   employer (雇用主)・interviewer (面接官)
  -ee   employee (従業員)・interviewee (被面接者)
  -eer   engineer (エンジニア)
  -ist   scientist (科学者)
  -yst   analyst (分析者)
  -ian   technician (技術者)
  -ant   applicant (志願者) / *形容詞にも「-ant」の語尾があるので注意!
  -ent   student (生徒) / *形容詞にも「-ent」の語尾があるので注意!
  -ive   representative (担当者) /*形容詞にも「-ive」の語尾があるので注意!
  -ic  critic (批評家) /* *形容詞にも「-ic」の語尾があるので注意!

 

TOEIC 品詞問題(名詞) まとめ


TOEIC Part5 品詞問題の「名詞」について詳しく解説しました。

 

もう一度おさらいすると・・・

 


1. 名詞は、文の主語や補語、動詞・前置詞の目的語などになって様々な役割を果たしている

2. 所有格または冠詞 と 前置詞の間には名詞を選ぶ

3. 他動詞の後には名詞(目的語)を選ぶ

4. 自動詞の後ろには名詞(目的語)は来ない

5. 選択肢に異なる意味の名詞が2つ以上残ったら、どちらも空欄に入れてみて意味の通る方を選ぶ

6. 他動詞+(_______)+目的語(名詞) の形なら、名詞ではなく動名詞を選ぶ

7. 名詞の前には形容詞を置くことが原則だが、品詞問題の例外として、名詞+名詞複合名詞のパターンがある

8. TOEICでよく出る複合名詞名詞の接尾辞(語尾)「人」を表す名詞の接尾辞(語尾)をマスターすれば、名詞問題を攻略できる!

 

🌟もっと実践的にTOEIC対策をしたい方は、こちらの記事も参考にして下さい。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策講座の効果や料金口コミ(評判)は?英語講師が徹底レビュー


英語初心者におすすめの格安オンライン英会話7社徹底比較ランキング

 

🌟TOEIC Part5 関連の記事もぜひ合わせて読んでみて下さい。

【TOEIC Part5 品詞問題】形容詞と副詞を瞬時で見分ける12の攻略法



【TOEICリーディング Part 5対策&勉強法】初心者が3ヶ月で必ず600点取れる時間配分と解き方のコツ