toeic & American flag

これを読むだけでTOEIC600点以上を狙える最強勉強法

ここでは、初めてTOEICを受験する初心者の方でも、読むだけで600点以上を狙える最強の勉強法をご紹介します!何としてでも最短ルートで効率よくTOEICのスコアアップを目指したい方、TOEIC初受験の方必見です!!

⭐️TOEICのスコアアップよりも、時間をかけて英語力そのもののベースをアップさせたいなら、当サイトの英字新聞でTOEIC対策をご覧下さい。英字新聞を読みながら本物の英語力を磨き、読解力を身につけていきましょう。

TOEIC600点以上を目指すなら、初心者向け英字新聞 The Japan Times Alpha を読み始めよう!

履歴書に書けるTOEICの点数とは?就職・転職で活かすならTOEIC600点を目指せ!

⭐️TOEICの単語力を強化したい方は、TOEIC超頻出基礎英単語のサイトをご覧ください。

TOEIC600点が狙える!必ず覚えておくべき400点レベルのTOEIC超頻出基礎英単語〜動詞編〜

初めてでもTOEIC600点狙える!必ず出る400点レベルの超頻出基礎英単語〜形容詞・副詞編〜

TOEIC600点突破したい人必見!知って得する400点レベルの超頻出基礎英単語〜名詞編〜

TOEIC リスニングセクション Part 1 写真描写問題

 

Part 1 は 写真描写問題です。Part 1の問題数は全部で6問で、1問につき1枚の写真のみが載っています。

各問題ごとにスピーカーが4つの英文を読み上げ、その4つの英文の中から写真を最も適切に表しているものを選択肢(A)〜(D)から選びます。※ スピーカーが読み上げる選択肢の英文は印刷されていません。

TOEIC Part 1 でよく出る写真パターン

  1. 人物1人
  2. 人物複数人
  3. 物・風景
  4. 物・風景・人物

① 人物1人の写真パターン

ポイント:人物の行動をよく見て、今やっている動作(現在進行形) を集中して聞き取る事

TOEIC part1 人物1人

《スピーカーが読み上げる英文》

(A) He’s monitoring the workers.
(彼は従業員を監視している)
(B) He’s writing something down.
(彼は何か書き取っている)
(C) He’s holding the receiver.
(彼は受話器を握っている)
(D) He’s hanging up the phone.
(彼は電話を切っているところだ)

正解 : (C)

たとえ他の単語が聞き取れなかったとしても、現在進行形だけでも聞き取れたら割と簡単に答えられますね。

② 人物複数人の写真パターン

ポイント:似ている単語をしっかり聞き分ける事

TOEIC part1 人物複数人

《スピーカーが読み上げる英文》

(A) A couple is holding hands.
(カップルが手を繋いでいる)
(B) The woman is using a pay phone.
(女性が公衆電話で話している)
(C) There are mugs on either side of the table.
(テーブルの両側にマグカップが置いてある)
(D) They are opening the laptop computer.
(彼らはラップトップを開けているところだ)

正解 : (C)

答えは(D)のようにも思えますが、現在進行形今現在行われている動作のことを言います。写真ではもうすでに、ラップトップは開いている状態なので、(D)は不可。
(B)も正解のように聞こえるかもしれませんが、pay phone公衆電話のこと。女性は携帯電話 (cell phone / mobile phone) で話しているのでこれも不可。pay phone と cell phone を聞き間違えないようにしましょう。
正解は(C)です。on either side of 〜 で 「〜の両側に」という意味になります。

③ 物・風景の写真パターン

ポイント:

  • 物の位置関係を表す前置詞に注意する事
  • 単数と複数をきちんと聞き分ける事

TOEIC part1 物・風景

《スピーカーが読み上げる英文》

(A) They’re painting the walls of the room.
(彼らは部屋の壁を塗っている)
(B) There are lamps on the desk.
(机の上にいくつかランプがある)
(C) There are cusions arranged on the couch.
(ソファの上にクッションが並んである)
(D) The pictures are leaning against the wall.
(絵が壁に寄りかかっている)

正解 : (C)

(A) は人物がいないので不可。(D) は lean against 〜〜に寄りかかる という意味ですが、壁に絵は寄りかかってはいないので不可。正解は(B)のように思えますが、写真にはlamp(ランプ) は1つしかありません。スピーカーは複数形のlamps と言っているのでこれも不可。be動詞にも注目し、単数と複数をしっかり聞き分けましょう。
正解は(C)です。arrange〜を配置する という意味です。 on や against などの前置詞にも注目して聞き取りましょう。

④ 物 の写真パターン

ポイント:

  • 時制に注意する事
  • 現在進行形受動態 ( S +be動詞 + being + 過去分詞形 : 〜されているところだ ) は写真に人が写っている場合が多い
  • 現在完了形受動態 ( have/has + been + 過去分詞形 : 〜されてある、〜され終わっている ) は写真に人が写ってない場合が多い
  • 言い換えられた表現に注意する事

TOEIC part1 物の写真

《スピーカーが読み上げる英文》

(A) Some plates are being set.
(何枚かのお皿がセットされているところだ)
(B) Diners are seated side by side.
(食事客が隣同士に座っています)
(C) People are drinking water.
(人々は水を飲んでいます)
(D) Eating utensils have been set.
(食器がセットされ終わっています)

正解:(D)

(A) は、お皿がセットされている写真なので正解と思ってしまいますが、ここでは現在進行形受動態 ( S +be動詞 + being + 過去分詞形 : 〜されているところだ ) が使われています。この形は、今現在行われている動作を表します。写真ではもうすでにお皿はセットされ終わっているので不可。
(B) と (C) は、写真の中に Diners (食事客)や people (人々) がいないので不可。(D) の utensil用具、器具 という意味で、eating utensils食器 を意味します。
このように、spoon(スプーン) などの食器を、違った表現で言い換える問題に要注意です。

現在完了形受動態 ( have/has + been + 過去分詞形(もうすでに) 〜されてある、〜され終わっている ) という意味を表すので、(D)が正解。

⑤ 物・風景・人の写真パターン

ポイント:

  • 写真の場所・状況をよく把握すること
  • 人物の動作や行動をよく見ること
  • 正答になる文が何パターンかに分かれるのでやっかい

TOEIC part1 物・風景・人

《スピーカーが読み上げる英文》

(A) The trees cast shadows on the grass.
(木々が芝生に影を投げかけている)
(B) There are many people in the park.
(公園にはたくさんの人がいる)
(C) The man is sitting under a bush.
(男性は茂みの下に座っている)
(D) There are many tall flowers.
(丈の高い花がたくさんある)

正解:(A)

男性1人しかいないので (B) は不可。男性は茂み(bush) の下に座っているわけではないので (C) も不可。たくさんの丈の高い花は咲いていないので、(D) も不可。 cast a shadow影を投げかける という意味の part 1 の頻出表現です。写真を見ると、芝生(grass)の上に木の陰があるので (A) が正解。

TOEIC Part 1 の攻略テクニック 10選 まとめ <重要>

  1. アナウンスが始まる前に写真に一通り目を通し、写真に写っている人物・物・風景などをチェックしておくこと
  2. 人が写っている写真の場合は、人物の行動(今やっている動作) に注目すること
  3. 物が写っている写真の場合は、物の位置関係や配置 (前置詞)に注意すること
  4. 風景写真の場合は、写真の場所・状況をよく把握すること
  5. 発音がよく似た単語をしっかり集中して聞き分けること (下記を参照)
  6. 単数と複数をきちんと聞き分けること
  7. 写真にはどこにもでてこない名詞がもし聞こえてきたら、それは不正解。正解リストから外すこと
  8. 現在進行形受動態 ( S +be動詞 + being + 過去分詞形 : 〜されているところだ ) は写真に人が写っている場合が多い
  9. 現在完了形受動態 ( have/has + been + 過去分詞形 : 〜されてある、〜され終わっている ) は写真に人が写ってない場合が多い
  10. spoon(スプーン) などの食器を、eating utensils といった違った表現に言い換える問題には要注意!(下記を参照)

TOEIC Part 1 でよく出る言い換え表現

  • car(車) , bus(バス), truck(トラック) など→ vehicle(乗り物)
  • piano(ピアノ), guitar(ギター) など → (musical) instrument(楽器)
  • bag(カバン) → belonging, property(持ち物、所有物)
  • cell phone / mobile phone(携帯電話), PC → device(機器、装置)
  • snack, light meal(軽食), cake(ケーキ) など → refreshment(軽食)
  • TV, microwave(電子レンジ), refrigerator/fridge(冷蔵庫), washing machine(洗濯機) など → home appliance(電化製品)
  • goods(商品) → merchandise(商品)
  • fruit(果物), vegetable(野菜) など → produce, product(農作物)
  • spoon(スプーン), fork(フォーク), knife(ナイフ) → cutlery(食卓用金物類), eating utensils(食器)
  • sofa(ソファ), table(テーブル), chair(椅子)など → furniture(家具)

TOEIC part1によく出る、聞き分けが難しい発音がよく似た単語

hold(持つ、握る) / fold (折る、畳む)

coffee (コーヒー) / copy (コピーする)

work (働く) / walk (歩く)

take (取る) / talk (話す)

read (〜を読む) / lead (導く)

feel (〜を感じる) / fill (〜を満たす)

floor (床) / flower (花)

form (用紙) / foam (泡) / firm (会社)

hear (聞く) / here (ここに)

car (車) / cart (カート)

file (ファイル) / pile (積む)

train (電車) / rain (雨)

truck (トラック) / track (跡) etc …..

TOEIC Part 2 応答問題

wooden toeic

Part 2 は質問に対する最も適切な応答文を選ぶ問題です。
このパートは3択の形式となります。内容は、オフィスでのやり取りか、日常会話がほとんどです。相手の質問を理解し、即座に適切に応答できるかを問う問題です。

TOEIC Part 2 でよく出る質問パターン

TOEIC Part2 には6種類のよく出る質問パターンがあります。問題を見ながらそれぞれ詳しく見ていきましょう!

    1. 5W1H の疑問文
    2. 答えが Yes/No となる疑問文
    3. 情報や事実、考えをありのままに述べる普通の文:平叙文
    4. or を使った、どちらかを尋ねる疑問文:選択疑問文
    5. 依頼表現
    6. 勧誘・提案表現

① 5W1H (When, Where, Who, What, Why, How) の疑問文

🌟5W1Hとは、When, Where, Who, What, Why, How などの疑問詞から始まる疑問文のことを言います。

ポイント:

  • When, Where, Who, What, Why, How などの疑問詞から始まる疑問文は、冒頭部分に注意して聞き取ること
  • 冒頭の疑問詞を確実に聞き取れば、答えが見えてくる
  • 疑問詞から始まる質問に対して、Yes / No で答えていたら、その選択肢は間違いだと判断しよう
  • 音のひっかけ問題に注意!同じ音や似ている音が入った選択肢、音が一部だけ同じという選択肢、連想される単語が入った選択肢は要注意!迷ったら選択肢から外してみる!
  • 質問文と全く同じ単語が選択肢の中に出てきたら、それはひっかけ!正解リストから外そう!
《スピーカーが読み上げる英文》
(ex) Where can I make a copy ?
(コピーはどこでできますか?)
(A) A dollar, I guess. (1ドルだと思います)
(B) Yes, you can. (はい、あなたはできます)
(C) On the 3rd floor. (3階です)

正解:(C)

疑問詞 Where がきちんと聞き取れたらわかる問題です。コピーできる場所を質問しているので、場所を表す選択肢(C) が正解です。

②-1 答えが Yes/No となる疑問文

🌟 Yes / No で答えられる疑問文。be動詞や一般動詞の(Do, Does Didなどから始まる) 疑問文、現在完了形(Have you 〜?/ Has she 〜?など)の疑問文、助動詞(Can, should, Will など)の疑問文が含まれます。また、付加疑問文、否定疑問文などもここに該当します。

ポイント:

  • 質問に対して Yes/No で答えられるが、必ずしも正解が Yes/No から始まるとは限らないので要注意!
  • 音のひっかけ問題に注意!
《スピーカーが読み上げる英文》
(ex) Is this pair of shoes marked down ?
(この靴は値下げされていますか?)
(A) I got them at the market.
(市場で買いました)
(B) My shoes need to be shined, too.
(私の靴も磨かなければなりません)
(C) Yes, they’re 25 % off.
(はい、25%引きです)

正解:(C)

(A)は質問文のmarked と音が似ている market を使った音のひっかけ問題。似ている音が入った選択肢は、迷ったら正解リストから外してみること!(B) も質問文と話が噛み合わないので不正解。
質問文で出てきたshoes と全く同じ単語が選択肢の中に出てきているので、それはひっかけ問題!正解リストから外そう!
値下げ品かどうかに対する質問に対し、適切に答えているのは(C)です。

②-2 答えが Yes/No となる疑問文:付加疑問文

🌟 付加疑問文は、話し手が相手に「〜ですよね?」「〜ではないですよね?」と念を押したり、確認したり、同意を求めたりするときに文末につける疑問文です。例えば、、、

(ex) The presentation is in Conference room A, isn’t it ?
(プレゼンテーションは会議室Aですよね?

(ex) You didn’t go to the post office yesterday, did you ?
(昨日郵便局には行きませんでしたよね?)

…のように、前の文が肯定文なら、文末には否定形前の文が否定文なら、文末には肯定形が来ます。文末にくる付加疑問文は、前の文の動詞の種類や形、主語によって変わります。

ポイント:

  • 付加疑問文も、質問に対して Yes/No で答えられるが、必ずしも正解が Yes/No から始まるとは限らないので要注意!
  • ここでも音のひっかけ問題に注意!
  • 付加疑問文の文末は無視してよし!
《スピーカーが読み上げる英文》
(ex) You’re Ms. Tanaka’s new assistant, aren’t you ?
(タナカさんの新しいアシスタントの方ですよね?)
(A) No, we’re going to need more help.
(いいえ、もっと助けが必要になります)
(B) Yes, I started yesterday.
(はい、昨日から働き出しました)
(C) No, I’ll be a little late.
(いいえ、少し遅れます)

正解:(B)

(A) の help は 質問文の assistant の連想語!連想される単語が入った選択肢は避けましょう。(C) は、質問文と話が噛み合わないので不正解。(B)は、昨日(アシスタントとして) 働き始めた、つまり新しいアシスタントだと答えているので、(B) が正解。

③ 情報や事実、考えをありのままに述べる普通の文:平叙文

🌟 質問文が疑問文ではなく、情報や事実、考えをありのままに述べる普通の文が来ることがあります。これを、平叙文と言います。

ポイント:

  • 質問文が平叙文でも、答えの文が疑問文になることもある!
  • ここでも音のひっかけ問題に注意!
《スピーカーが読み上げる英文》
(ex) All the seats were already booked when I called the ticket counter.
(私がチケットカウンターに電話した時には、すでに満席でした)
(A) I’ve read all those books.
(私はそれらのすべての本を読んだことがあります)
(B) Why don’t you try another date then ?
(では、違う日にしたらどうですか?)
(C) I’d like to, but I’m out of town this month.
(そうしたいのですが、今月は市外にいます)

正解:(B)

(A)は質問文の中の booked と音が似ている book を使った音のひっかけ問題。質問文と同じ音や似ている音が入った選択肢は正解リストから外してみること! (C)は「〜しませんか?」に対する答えなので、会話が噛み合わない。(B) は満席だったためチケットが取れなかったという設問文に対して、「違う日にしたらどうでしょう」と提案しているので、(B)が正解。

④ or を使った、どちらかを尋ねる疑問文:選択疑問文

ポイント:

  • or」を絶対に聞き逃さない!
  • A か B どちらかを尋ねているので、どちらかが選択肢に入った答えを選ぶのが基本的にはよい
  • botheacheither が答えに入った選択肢も定番!
  • A か B どちらかを尋ねる質問文に対して、AでもBでもない応答をするパターンもまれにあるので要注意!

 

《スピーカーが読み上げる英文》
(ex) Which do you like, meat or fish ?
(肉と魚、どちらがお好きですか?)
(A) Yes, it’s beef.
(はい、それは牛肉です)
(B) I like both.
(両方好きです)
(C) They work for a fishing company.
(彼らは漁業会社に勤めています)

正解:(B)

(A)は、質問文中の meat の連想語である beef を使ったひっかけ問題。連想される単語が入った選択肢は避けましょう。 (C)も、質問文の fish と音が似ている fishing を使った音のひっかけ問題。質問文と同じ音や似ている音が入った選択肢は正解リストから外してみること! (B) の both は A or B ?の疑問文に対するよくある応答パターンなので、(B)が正解!

⑤ 依頼表現

相手に「〜してくれますか?/ 〜してもらえませんか?」と依頼する表現です。依頼表現とその返答文をしっかり覚えましょう。

🌟 依頼表現:
Could you 〜? / Would you 〜? / Can you 〜?
(〜してもらえませんか?/ 〜してくれますか?)

→ <了承する時の返答>

Sure. / Of course. /Certainly. (もちろんです)

→ <断る時の返答>

I’m afraid I can’t.
(申し訳ありませんが、できません)
I’m sorry, but I’m busy now.
(ごめんなさい、今忙しいです)
Sorry but I can’t right now.
(申し訳ありませんが、今はできません) etc….


🌟 要注意の依頼表現

Would you mind 〜 ing ?
(嫌でなければ)〜してもらえませんか?

→ 了承する時の返答
Not at all. / No problem. / Of course not.
かまいませんよ


ポイント:

  • 「〜してくれますか?/ 〜してもらえませんか?」の依頼の形をしっかりキャッチすること!
  • 依頼表現に対し、上記の典型的な返答が選択肢に入っていたらそれが答え!
  • しかし、依頼表現に対し、必ずしも上記の典型的な返答が返ってくるとは限らないので要注意!
  • 自然な流れの会話を作ること!
《スピーカーが読み上げる英文》
(ex) Could you show me how to use this copy machine ?
(このコピー機の使い方を教えてもらえますか?)
(A) I need more than 20 copies.
(20部以上必要です)
(B) Just right over there.
(すぐそこです)
(C) Sure, just wait a second.
(もちろん、少し待っていて下さい)

正解:(C)

(A) は、質問文中の (copy machine の) copy と 同じ音である 数量を表す copy を使った音のひっかけ問題。(B) は 場所を答えているので、質問文と会話が噛み合わない。Could you 〜? という依頼表現に対し、Sure と返答している(C) が正解!

⑥ 勧誘・提案表現

TOEIC Part 2 には様々な勧誘・提案表現が出題されます。
よく出る勧誘・提案表現の形と返答例をしっかり暗記し、勧誘・提案表現の問題に強くなりましょう!

TOEIC でよく出る様々な勧誘・提案・申し出表現

Why don’t you 〜?
(あなたが) 〜をしたらどうですか?(提案) / 〜しませんか?(勧誘)
Why don’t we〜?= Let’s 〜.
(一緒に) 〜しませんか?
Would you like to 〜?
〜しませんか?/ 〜したいですか?
Why don’t I 〜? = Shall I 〜?(私が) 〜しましょうか?(申し出)
You may(might) want to 〜.
〜したほうがいいかもしれません
How about 〜ing ? / What about 〜ing ? / Why not 〜ing ?
〜するのはどうですか?


勧誘・提案・申し出の表現に対するよく出る返答例

《賛成の返答例》
What a good idea !
(いい考えですね)
Sounds good(great).
(いい考えですね)
OK.
(いいですよ)
Sure.
(もちろん)
I’d be glad(delighted) to.
(喜んで)
I’d be honored.
(喜んで[光栄です])
I’d love to.
(喜んで)
Can I ?
(いいの?)
《反対や断りの返答例》
I wish I could.
(そうできたらいいのですが)
I’m afraid ( I can’t ).
(申し訳ありませんができません)


ポイント:

  • 「〜しませんか?」「〜したら(〜するのは) どう?」勧誘・提案の形をしっかりキャッチすること!
  • 勧誘・提案表現の質問文に対し、上記の典型的な返答が選択肢に入っていたらそれが答え!
  • しかし、勧誘・提案表現の質問文に対し、必ずしも上記の典型的な返答が返ってくるとは限らないので要注意!
  • 自然な流れの会話を作ること!
《スピーカーが読み上げる英文》
(ex) Why don’t we go to a movie tomorrow ?
(明日映画を見に行きませんか?)
(A) It was the great movie I’ve ever seen.
(私が今まで見た中で最も素晴らしい映画でした)
(B) Because no interesting movie is showing.
(面白い映画が上映されていませんので)
(C) How about next week ?
来週はどうですか?

正解:(C)

(A) は、映画を誘う質問文に対し、映画の内容を答えているので会話が成立しない。(B)は、なぜ映画を見に行かないかという質問に対する理由を述べている。これも質問文に対する答えになっていない。(C) は、「明日映画を見に行きませんか?」という誘いに対し、「(明日ではなく) 来週はどうですか?」と提案しているので、これが正解。
勧誘・提案表現の質問文に対し、よくある典型的な返答が返ってこないパターン。

TOEIC Part 2 の攻略テクニック まとめ <重要>

  1. When, Where, Who, What, Why, How などの疑問詞から始まる疑問文は、冒頭部分に注意して聞き取ること
  2. 冒頭の疑問詞と主語を確実に聞き取れば、答えが見えてくる
  3. 疑問詞から始まる質問に対して、Yes / No で答えていたら、その選択肢は間違いだと判断しよう
  4. 音のひっかけ問題に注意!同じ音や似ている音が入った選択肢、音が一部だけ同じという選択肢、連想される単語が入った選択肢は要注意!迷ったら選択肢から外してみる!
  5. 質問文と全く同じ単語が選択肢の中に出てきたら、それはひっかけ!正解リストから外そう!
  6. Yes / No 疑問文 (付加疑問文、否定疑問文も含む) は、Yes/No で答えられるが、必ずしも正解が Yes/No から始まるとは限らないので要注意!
  7. 付加疑問文の文末は無視してよし!
  8. 否定疑問文への答え方は、通常の疑問文と同じ!
  9. 質問文が平叙文でも、答えの文が疑問文になることもある!
  10. 選択疑問文の「or」を絶対に聞き逃さない!
  11. 選択疑問文は、A か B どちらかを尋ねているので、どちらかが選択肢に入った答えを選ぶのが基本的にはよい
  12. 選択疑問文のへ返答例として、both each either が答えに入った選択肢も定番!
  13. A か B どちらかを尋ねる質問文に対して、AでもBでもない応答をするパターンもまれにあるので要注意!
  14. 「〜してくれますか? / 〜してもらえませんか?」依頼表現の形をしっかりキャッチすること!
  15. 依頼表現に対し、典型的な返答が選択肢に入っていたらそれが答え!
  16. しかし、依頼表現の質問文に対し、必ずしも典型的な返答が返ってくるとは限らないので要注意!
  17. 「〜しませんか?」「〜したら(〜するのは) どう?」勧誘・提案の形をしっかりキャッチすること!
  18. 勧誘・提案表現の質問文に対し、典型的な返答が選択肢に入っていたらそれが答え!
  19. しかし、勧誘・提案表現の質問文に対し、必ずしも典型的な返答が返ってくるとは限らないので要注意!
  20. 依頼表現も勧誘・提案表現も、自然な流れの会話を作ること!

TOEIC Part 1 とPart 2 についての最強の勉強法や攻略テクニックをTOEICの問題も添えて詳しく説明しました。
特に、TOEIC Part 2 は TOEICの問題の中でも唯一の3択問題ですし、上記の攻略テクニックをきちんとマスターすれば、一気に点数を上げられるパートです。
あとは、問題集などで TOEIC の問題に慣れておくことで必ずTOEIC 600点を突破できるはずです!

次回は、TOEIC part 3 & 4 の 最強の勉強法と攻略テクニックをご紹介します!

TOEIC について詳しく知りたい方は、こちらもどうぞ!

TOEICの問題形式・点数(スコア)・試験時間・日程・申込・受験料・結果は?初心者のためにまるごと解説