TOEIC600点のレベルとは?就職・転職で活かすならTOEIC600点を目指せ!

初心者の英語学習者の多くは、TOEIC600点というスコアを目指して勉強されてる方が多いかと思います。ではTOEIC600点を達成したら、どれだけ有利なのか?どんなメリットがあるのか?をご紹介しましょう。

大学生の就活にも有利なTOEIC600点

まず、TOEIC600点というスコアは、履歴書に書くと企業からの評価が高くなるので、大学生の就職活動の際に有利とされています。大学生のTOEICの平均点が、だいだい450点ぐらいなので、600点あれば平均点よりも高いため、企業から「英語ができる」と評価され、就活がかなり楽になります!

就活の際、多くの大手企業が応募者に求めているTOEICのスコアも平均600点以上と言われています。(しかし国際部門で働きたいなら、800点以上が必要となります)

社会人の転職活動・入社後にも有利なTOEIC600点

また、多くの企業が採用の際にTOEICのスコアを参考にしていると回答しているので、社会人の転職や入社後にもメリットがあります。

TOEICの全体の平均点がだいたい560〜580点ぐらいなので、最低でもTOEIC600点あれば、履歴書に書いてもよいレベルとされています。600点以下だと、英語力が平均点以下とマイナスに判断されてしまうので、履歴書には書かないほうが無難でしょう。

ただし、TOEIC600点というスコアは受験者全体の平均点より少し上。転職活動の際、他の候補者と差別化を図りたいものの、このレベルでは自分を売り込むためのアピール材料にはならないかもしれません。英語以外のプラスアルファでアピールできるものがあれば、転職活動の際有利となるでしょう。

また、一部企業が昇進・昇格・異動・海外赴任などで社員に求めるスコアもまた600点以上なので今後、出世したい!年収をUPさせたい!と考えているサラリーマンやOLさん達は、まずは第一関門として、TOEIC600点を達成することが鍵となります!(ただし、企業によっては、700点や800点以上がないと有利にならないところもあります。)

 

英字新聞でTOEIC対策はできるのか?

英字新聞でTOEIC対策はできるのか?

英字新聞を継続的に読んでいけば、長文をスラスラとスピーディに読めるようになり、色んなジャンルの長文にも慣れ、長文読解力はもちろん、語彙力もつきます。ですので、英字新聞を継続的に読むと、結果的にはTOEICのリーディング対策になります。

ですが、TOEICの点数を1番効率よくアップさせる方法は、まずTOEICの出題傾向や攻略法を知ることです。TOEIC公式問題集などで、出題傾向や攻略法を知った上で、長文にもっと慣れたい、長文の量をこなしたい人のための勉強法として、英字新聞がオススメです!初心者の英語学習者が初めて英字新聞を読むなら、「The Japan Times Alpha」がオススメ!日本語訳も注釈も付いているので、効率良く長文対策ができます!

ですが、日本語訳や注釈が付いていたとしても、まだまだ初心者の英語学習者は、辞書や文法書なしでは英字新聞を読むのは難しいかもしれません。これでは時間がかかりすぎてしまい、効率的な勉強法とは言えません。

そこで、辞書も文法書もなしで英字新聞を使って長文対策をしたい方必見です!

ここでは、英字新聞で英語学習に挑戦してみたいけれど、継続できるのかが不安な初心者の英語学習者向けに、難易度が少し高めの英文記事を初心者でもわかりやすく1から丁寧に、語彙、英熟語、英文法を解説していきながら英字新聞を読んでいきます。本当に、辞書なし!文法書なし!で読めます!

今回は、初心者の英語学習者が英字新聞を読み始めるのにおススメな英字新聞、The Japan Times Alphaの記事を読んでいきましょう!

語彙や文法が初心者にはちょっと難易度高めですが、大丈夫!丁寧に解説していきますので、しっかり覚えていきましょう!

今回の記事のタイトルは…

Torrential rain, flooding kill hundreds, exposing gaps in disaster preparedness

「西日本豪雨、各地で甚大な被害」

 

では、まずは日本語訳なしで読んでみましょう。

 

In one of Japan’s worst natural disasters since the March 2011 earthquake and tsunami, torrential rains drenched western parts of the country in July, leading to the deaths of at least 224 people and the loss of billions of yen in property damage.

The three worst-hit prefectures were Hiroshima, Okayama and Ehime, with death tolls of 113, 61 and 26, respectively. Many of the deaths came from mudslides and landslides. A Hiroshima University survey found that slopes at over 7,000 locations in Hiroshima failed.

One reason for the high death toll was that few people followed special heavy rain warnings to evacuate. A survey of people living in the city of Hiroshima found that only 3.6 percent of 871 respondents evacuated their homes.

The government has set aside \105.8 billion to help pay for reconstruction efforts in the affected areas.

With Japan uniquely vulnerable to flooding in a warming world, this year’s disaster is a tragic reminder that disaster preparation is crucial.

 

《タイトル》Torrential rain, flooding kill hundreds, exposing gaps in disaster preparedness

 

「西日本豪雨、各地で甚大な被害」

 

◎ torrential : (形) 〔川などが〕急流の、〔雨が〕土砂降りの

★ torrential  rain : 集中[ゲリラ]豪雨

◎ flooding : (名) 洪水、氾濫

◎ hundreds (= hundreds of people) : (名) 数百人

◎ expose : (動・他動) 〜をさらす、むき出しにする

★ expose a gap : 格差をあらわにする

◎ disaster : (名) (大)災害、(大)惨事、天災

◎ preparedness : (名)〔緊急事態などに対する〕準備、備え、覚悟、心構え

★ disaster preparedness : 災害への準備

※タイトルを直訳すると…「集中豪雨と洪水が数百人の命を奪い、災害への備えにおいて格差をあらわにする」かなり意訳されているようです。

 

① In one of Japan’s worst natural disasters since the March 2011 earthquake and tsunami, torrential rains drenched western parts of the country in July, leading to the deaths of at least 224 people and the loss of billions of yen in property damage.

 

「日本にとって、2011年3月に起きた地震と津波以来最も深刻な自然災害の1つで、7月に西日本を水浸しにした豪雨により、少なくとも224人が犠牲になり、資産の被害額は数十億円に上った。」

 

◎ worst : (形) 最も 悪い(ひどい・深刻な)、最悪の

※ bad/ ill の最上級 ( bad/ ill – worse – worst )

natural disaster : 自然災害

◎ since 〜 : 〜 (して) 以来

◎ earthquake : (名) 地震

◎ drench : (動・他動) 〜を水浸しにする、びしょぬれにする

◎ western : (形) 西の、西部の

◎ western part of the country : 西日本

lead to 〜 : 〜をもたらす(招く)、〜につながる、〜の原因となる

death : (名) 死、死亡、死者

(★ dead : (形)死んでいる、die : (動・自動) 死ぬ、もあわせて覚えておきましょう!)

at least : 少なくとも

◎ lead to the deaths of at least 224 people : 少なくとも224人の死をもたらす

 

★ 英文法のおさらい ★《 付帯状況の分詞構文》

本文中の「 …, leading to the deaths of ~ 」の「( , )カンマ+~ing」は、《付帯状況の分詞構文》といいます。

この形は、「( torrential rains drenched ) …, and (they) led to the deaths of ~」と同じ意味を持ち、and を補って、「…。そして~した」と説明を加える訳し方になります。

( ※ they = torrential rains ! )

( ※lead の過去形は led !   lead – led – led の形 ! )

 

 

◎ loss : (名) 損失(額)、損害(額)

◎ billion : (名) 10億

billions of 〜 : 何十億もの〜、数十億もの〜

◎ property : (名) 資産、財産

◎ property damage : 物的損害、物的被害、財産損害

◎ ( lead to ) the loss of billions of yen in property damage : 物的被害において数十億円の損害額 (をもたらす)

 

② The three worst-hit prefectures were Hiroshima, Okayama and Ehime, with death tolls of 113, 61 and 26, respectively. Many of the deaths came from mudslides and landslides. A Hiroshima University survey found that slopes at over 7,000 locations in Hiroshima failed.

 

「最も被害が大きかったのは広島県、岡山県と愛媛県で、それぞれ犠牲となった人は113人、61人、26人だった。その多くは、土石流や土砂崩れの犠牲となった人たちだった。広島大学の調査で、県内の7,000ヵ所以上で斜面が崩壊したことが分かった。」

 

◎ worst-hit : (形)最も被害の大きい、最も被害に遭った

◎ prefecture : (名) (日本などの)県、府

death toll : (事故・災害・戦争などによる) 死亡者数

◎ respectively : (副) それぞれ、めいめい (★数値などの列挙に続けて用いる)

◎ come from ~ :(Sは) ~によってもたらされる (★ come – came – come / comeの過去形はcame!)

◎ mudslide : (名) 土石流、泥の地滑り、泥流、土砂崩れ (水を含んだ大量の土砂が、突然山の斜面から崩れること)

◎ landslide : (名) 地滑り、山崩れ、土砂崩れ (大量の土砂や岩が山や崖などから突然崩れること)

◎ university : (名) 大学

◎ survey : (名) 調査

The survey found that ~ : 調査により~ということが分かった (※ found は find の過去形!)

◎ slope : (名) (山・谷・丘などの) 斜面、坂

◎ over ~: (前) ~以上の ( = more than ~ )

◎ slopes at over 7,000 locations in Hiroshima : 広島県内の7,000ヵ所以上の斜面

◎ fail : (動・自動) 崩壊する

(*fail の名詞 failure を使って、slope failure : 山崩れ、斜面崩壊  という表現ができます!)

 

③ One reason for the high death toll was that few people followed special heavy rain warnings to evacuate. A survey of people living in the city of Hiroshima found that only 3.6 percent of 871 respondents evacuated their homes.

 

「多くの死者が出た理由の1つは、大雨特別警報に従って避難した人が少なかったことだ。広島市の住人を対象とした調査では、家から避難した人は回答者871人の3.6%にとどまったことが分かった。」

 

◎ reason for ~: ~の理由

◎ high death toll : 高い死亡者数

few people ~ : ~する(した) 人はほとんど いない(いなかった) 《★ few + 可算名詞 (数えられる名詞):「ほとんど~ない、少ししか~ない」という意味!》

 

★ 英文法のおさらい ★ 《fewとlittleの違い》

fewとlittle はどちらも「少ない」という意味で訳されることが多いですが、実際どんな違いがあるのかわかりますか?例文とともに見ていきましょう!

few +可算名詞 (数えられる名詞) : ほとんど〜ない、少ししか〜ない

《※否定的な意味》

(ex) There were few students in the classroom.

「教室の中には生徒達が 数人しか(ほとんど) いなかった」(※可算名詞なので名詞は複数形!)

little + 不可算名詞 (数えられない名詞) : ほとんど〜ない、少量しか〜ない

《※否定的な意味》

(ex) There was little water in the glass.

「グラスの中には 少量しか(ほとんど) 水が入っていなかった」(不可算名詞なので名詞は単数形!)

a few +可算名詞(数えられる名詞):少しの〜、2・3の〜

《※肯定的な意味》

(ex) I have a few friends overseas.

「私は海外に友人が数人います」(※ 可算名詞なので名詞は複数形!)

a little + 不可算名詞(数えられない名詞) :少しの〜、少量の〜

《※肯定的な意味》

(ex) I drank a little juice.

「私は少量のジュースを飲みました」(※ 不可算名詞なので名詞は単数形!)

 

 

◎ folllow : (動・他動) 《命令・助言など》に従う、守る

◎ special heavy rain warning : 大雨特別警報

◎ evacuate : (動・自動) <S (人) が>非難する/ (動・他動)《危険な場所など》~から非難する、立ち退く

◎ people living in the city of Hiroshima : 広島市に住んでいる人々

★ 英文法のおさらい ★
《現在分詞の形容詞的用法〜後置修飾〜:名詞+~ing形》

分詞には、現在分詞と過去分詞の2種類があります。

★ 現在分詞は「〜している」という意味である 〜ing形の動詞を使い、直前または直後にある名詞を修飾します。

★ 過去分詞は「〜された、されている」という意味である 〜ed形(もしくは不規則動詞の過去分詞形)の動詞を使い、直前または直後にある名詞を修飾します。

現在分詞の後置修飾とは、現在分詞(〜ing形)の直前にある名詞を後ろから修飾することを言います。

(ex) I talked to a woman standing by the tree.
「私は木のそばに立っている女性と話をしました」
(ex) A woman standing by the tree is my teacher.
「木のそばに立っている女性は私の先生です」

a womanという名詞を、現在分詞であるstandingが後ろから修飾しています。by the treeという前置詞句もstandingと一緒に、直前にある名詞 a womanを修飾しています。

POINT 1 : 分詞1語だけで名詞を修飾する場合は、現在分詞も過去分詞も名詞の直前に置きましょう。

(ex) The sleeping baby is my daughter.
「その眠っている赤ちゃんは私の娘です」
❌ The baby sleeping is my daughter. ←これは間違い!

POINT 2:分詞2語以上で名詞を修飾する場合は、名詞の後ろに分詞のかたまりを置いて、後ろから直前の名詞を修飾しましょう。
(ex) The baby sleeping on the bed is my daughter.
「ベッドで眠っている赤ちゃんが私の娘です」
❌ The sleeping baby on the bed is my daughter. ←これは間違い!

 

★ 本文中の「people living in the city of Hiroshima : 広島市に住んでいる人々」は、現在分詞+前置詞句( living in the city of Hiroshima ) のかたまりが、直前の名詞 people を後ろから修飾しています!

 

◎ respondent : (名) 回答者

◎ only 3.6 percent of 871 respondents : 871人の回答者のうち、たったの3.6%しか (…ない)

 

④ The government has set aside 105.8 billion to help pay for reconstruction efforts in the affected areas.

「政府は、被害を受けた地域の復興の取り組みを支援するために1,058億円を確保した。」

◎ government : (名) 政府

set aside ~ : ~をとっておく、蓄えておく、確保する

★ 105.8 billion : 1058億円 ( ★ billion : 10億)

help + V原形~ ( = help to + V原形~ ) : ~するのを手助けする

◎ pay for ~:~の費用(代金) を支払う

◎ reconstruction : (名) 《 町・経済などの 》復興

◎ effort : (名) 努力、尽力、奮闘、取り組み、作業

◎ reconstruction effort : 復興の取り組み、復旧作業

◎ affected area : 被災地、被害を受けた地域

 

⑤ With Japan uniquely vulnerable to flooding in a warming world, this year’s disaster is a tragic reminder that disaster preparation is crucial.

 

「温暖化により、洪水被害に遭いやすい特殊な環境下にある日本にとって、今年のこの災害は、災害対策が極めて重要であることを悲劇的な形で認識させるものだった。」

◎ uniquely : (副) 比類なく、他に類を見ないほど、独自に、一意的に

vulnerable to ~ : ~にさらされやすい、~の被害に遭いやすい、《病気など》にかかりやすい

◎ warming world   : 温暖化 (≒ global warming :地球温暖化)《※ global warming のほうが一般的!》

★ 英文法のおさらい ★《付帯状況のwith 》

通例、with+名詞 (O)+ 補語(C) で「Oが(C)…した状態で (したままで)、…して、…しながら」などという意味を持ち、C(補語)は、状況を表す語句である 形容詞・現在分詞・過去分詞・副詞・前置詞句などの形をとります。

(ex) Don’t speak with your mouth full. 口一杯に食べ物をほおばって (直訳:あなたの口が一杯の状態で) ものを言うな。( C = 形容詞 )

(ex)  She sat on the sofa with her legs crossed. 彼女は脚を組んで( 直訳:彼女の脚が組まれた状態で) ソファに座っていた。( C = 過去分詞形 )

(ex) I can’t sing a song with you standing.  あなたが立っていては(直訳:あなたが立っている状態では) 私は歌が歌えない。( C = 現在分詞 )

(ex) My father spoke with a pipe in his mouth.  私の父はパイプをくわえたまま(直訳:パイプが彼の口の中に入った状態で) しゃべった。( C= 前置詞句 )

(ex) He stood there with his hat on. 彼は帽子を被ったままそこに立っていた。 ( C= 副詞 )

《本文中の付帯状況のwith》
★ With Japan uniquely vulnerable to 〜 :

「日本は他に類を見ないほど〜の被害に遭いやすい状態なので 」(* 本文では「with + 名詞 + 副詞 + 形容詞」の形!C = 形容詞!形容詞を修飾する副詞が直前に来ているので少しややこしくなっていますね)

 

◎ tragic : (形) 悲惨な、悲劇的な

◎ reminder : (名) 思い出させる もの(事・人)、気づかせる もの(事・人)

reminder that 〜 : 〜であることを気づかせるもの  (★このthat節以降は、S + V 〜と続く)

◎ disaster preparation : 災害対策

( * preparation は 「準備」! prepare「〜を準備する」の名詞形!)

◎ crucial : (形) きわめて重要な、必要不可欠な

 

いかがでしたか?

初心者の英語学習者がいきなり英字新聞を読むと、わからない語彙や文法を、辞書や文法書で1つ1つ調べたりする作業がついてくるので、時間がかかってしまいかえって非効率になってしまいます。

ですが、上記の様に英字新聞に載っている注釈よりもさらに細かい語彙や文法の説明があることで、効率良く英字新聞で英語長文の学習ができたのではないでしょうか。

継続は力なり!!英字新聞を継続的に読めば、長文に徐々に慣れていき、TOEICのリーディングのスコアアップになります!

次回もお楽しみに✨✨